インプラント

インプラントについて

インプラントについて

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を固定させる治療方法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように噛むことができるので、口腔内の機能回復だけでなく、審美性をも兼ね備えた 最先端の歯科医療です。

メリットも大きいのですが、問題点も忘れてはなりません。
歯科医師に充分 な説明を受け、理解した上で治療を受けるべきだと思います。

インプラントの料金

1本15万円〜(+消費税) + 別途2.5万円〜(+消費税)
安心の10年保障付き!

※詳しい治療内容、料金につきましては当院までご相談ください。
 症状によって金額が上下する事がございます。

従来の治療法とインプラント治療の違い

歯を1本失った場合 従来 周りの健康な歯を削ってブリッジにします。
インプラント 健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。
歯を数本失った場合 従来 入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。
違和感がありバネをかけた歯に負担がかかります。
インプラント 歯のない部分にのみインプラントを埋入しますので、歯に負担をかけません。
歯を全て失った場合 従来 総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。
噛む力が弱く、食べ物が内側に入って痛かったりします。
インプラント インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく安定します。

インプラントQ&A

Q1、インプラント治療でどのように改善されるのでしょうか?

総入れ歯

『総入れ歯』問題点

  • 味覚が異なります
  • 発音障害になる場合があります
  • 異物感を感じます
  • 痛みを感じる場合があります
  • 粘りのある食べ物に苦労します
  • 硬い食べ物に苦労します

治療後

『インプラント治療』改善されます

  • 違和感、異物感がありません
  • 審美的に良好で、自然にお話が出来ます
  • 自分の歯に近い感覚で、味覚が楽しめます
  • 食べ物を選ばず、快適に食べられます
  • 治療から2ヶ月で、噛めるようになります
 
部分入れ歯

『部分入れ歯』問題点

  • 入れ歯の留め金によって、歯などに痛みを感じる場合がある
  • 異物感、違和感があります
  • 審美性に欠けます
  • 粘りのある食べ物や硬い食べ物に苦労します

治療後

『インプラント治療』改善されます

  • 留め金を必要としないために、口の中がスッキリし、審美的にも良好です
  • 治療から2ヶ月で、自分の歯に近い感覚で、噛むことができます
  • 粘りのある食べ物や硬い食べ物に関係なく、食事を楽しむことができます
 
ブリッジ

『ブリッジ』問題点

  • 隣の健康な歯を削り、悪化させます
  • 支える歯に負担がかかります
  • 支える歯が2本以上必要です
  • 歯の抜けた部分の骨が、次第にやせていく場合があります

治療後

『インプラント治療』改善されます

  • 歯の無い部分に、インプラントを入れるため、健康な歯を削ることはありません
  • 自然な感覚で、噛めるようになり、顎の骨の健康を維持する事ができます
  • 治療から2ヶ月で、自分の歯に近い感覚で、食事が楽しめます
 
放置

『放置』問題点

  • 周囲の歯が動きます
  • 対合していた歯が浮いてきます
  • 食べ物がつまりやすくなります
  • 噛む機能が低下します

治療後

『インプラント治療』改善されます

  • 周囲の歯が動きません
  • 自分の歯を健康に保つ事ができます
  • 治療から2ヶ月で、噛むことができます
  • 審美的に良好です(見た目がきれいです)
 

Q2、インプラントの種類にはどのようなものがありますか?

インプラントの種類

インプラントには2種類あります。

一体型タイプ(1パートタイプ)と
2つに分かれている(2パーツタイプ)です。

1パートタイプの特徴は、強い強度を持っていることです。
力のかかる奥歯などには、1パートタイプが適しています。

2パーツタイプは2つに分かれているために、豊富なバリエーションを持ち合わせています。
また、他の治療とあわせて行うときにも適しています。
(例:抜歯直後、骨造成との併用など)

両方のタイプも、治療から2ヶ月で人口の歯を被せて、噛めるようになります。

Q3、インプラントはいつから噛めるようになり、どのくらい持つのでしょうか?

手術後2ヶ月を目安

インプラントで噛めるようになるのは、使用するインプラントの種類や埋入する場所、顎骨の状態、手術の経過によっても異なってきますが、手術後2ヶ月を目安にしています。

その2ヶ月の間、基本的には抜歯と同様に普通の食生活をすることができます。
正しいブラッシングと定期健診をしっかり受けることによって、15年以上良好に維持されている患者さんもたくさんいます。

正しい手入れがインプラントを長持ちさせることにつながります。

Q4、治療のとき、入院するのでしょうか?費用はどのくらいかかるのでしょうか?

インプラント

普通のインプラントの手術では、入院する必要はありません。
手術後は抜歯をした程度の安静が必要です。

しかし、患者さんの健康状態や治療する本数などによって、入院して手術をする場合もあります。費用は、手術台・インプラント代・インプラントに被せる人口歯代の合計です。

治療する本数や場所により費用は異なってきます。
治療計画と費用、支払方法については院長に相談してください。

Q5、インプラント治療は痛いのでしょうか?

インプラント

インプラントは、歯を抜く場合と同程度の手術が必要です。
麻酔をしますから痛みに耐えながら治療を行うことはありません。

手術後、麻酔が切れても、抜歯程度の痛みしかありません。
そして2ヶ月後には、食べ物をインプラントで噛めるようになります。

歯を抜いた時、すぐにインプラントを埋入する簡便な方法もあります。
わざわざ穴をあける必要がないので、負担がありません。インプラント埋入による痛みもありません。