診療案内

歯周病

歯周病

歯を失う原因の第1位は歯周病です。

歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行していき、歯ぐきの炎症を起こし歯の周りの骨を溶かし、やがては歯が抜けてしまう怖い病気です。

最近では心臓病、糖尿病との関連が問題視されています。

歯周病は数種類の細菌が関与した細菌感染症で、プラーク(歯垢)が溜まることで、歯周病の進行を招きます。

細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成します。

いったん出来てしまったバイオフィルムは歯ミガキでは除去出来ません。

歯周病の予防について詳しくはこちらへ

虫歯

虫歯

虫歯は、最初の段階では痛みなどの自覚症状もなく、見た目もわかりづらいため発見が遅くなります。
気をつけなくてはいけないのは、
冷たいものがしみる
食べ物がはさまりやすくなってきた
などといった、なんとなく自覚症状が出てきた時点から、急速に虫歯が進行してしまうという点です。

気のせいかな”と放置せず、お早めにご来院していただき、安心をお持ち帰りください。

虫歯の予防について詳しくはこちらへ

インプラント

インプラント

インプラントとは、失ってしまった天然歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。

従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。

インプラント治療について詳しくはこちらへ